ペットだけてはなく、ラブドールについての趣文

プロフィール写真

a136382048さん


0

5月のカレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

各月のペット日記

a136382048 さんのペット日記

ペットだけてはなく、ラブドールについての趣文
2019年05月16日 17:53
うちのリアルドールはつねに猫に損害されます、こりゃ困ったことです。
中国のセックスドールの技術はどんどん先進になった。

中国で“大人のおもちゃ”が急成長を遂げており、避妊具と合わせた市場規模は2018年に年間売上高にして100億人民元(約1600億円)へと拡大している。

なかでも、注目されているのが「WMドール」というハイエンド系ラブドールで、毎月2000体以上を売り上げる快進撃を続けている。

リアルな人工皮膚をまとったラブドールに、ロボットの先端技術と人工知能(AI)が融合したことで、“使い捨ての処理道具”ではなく、会話も楽しめる“かけがえのないパートナー”として買い求める中国人男性も増えているというが──。


https://www.saikodoll.com


中国ではなく、今はある日本男性はドールの楽しみを感じる。

家庭生活に疲れた日本の熟年男性、“お人形”に走る──。

ドイツ最大の週刊誌「シュテルン」が、衝撃を持って報じた。ダッチワイフと暮らす男の満ち足りた、だがあまりにも切ない日常を、生々しい写真とともに紹介している。


https://www.saikodoll.com/collections/dutch-wives-dolls


ナカジマ・センジ、61歳。奥さんも子供もいる。数年前に東京に単身赴任することになり、家族と離れ離れになった。

寂しさから浮気に走るというのはよくある話だ。だがナカジマさんの場合、相手は生身の女性ではなく、シリコン製のお人形だった。

出会いは6年前。当初は、他の男たちと同様、自分の性欲処理が目的だった。何の感情も持たない、セックスドール。そう思っていた。

ところがナカジマさんは、次第にこの人形「サオリ」と特別な関係を築いていく。一緒に暮らしはじめて数ヵ月が過ぎた頃、サオリへの見方が変化していることに気づいた。突然、サオリが人格を持った一人の女性に感じられたのだ。

サオリは、ただの人形なんかじゃない──。

2人でよく、ショッピングに出かける。クルマに乗るときは、当然、サオリもシートベルトを着用する。ナカジマさんは、彼女に新しい洋服を買ってあげるのが喜びだという。

休日は、近くの諏訪湖でお泊まりデート。ボートに乗ったり、湖畔を散歩したりして過ごす。2人はかなりの年の差カップルだが、一緒にお風呂にも入る。バスタブでマッサージしてあげると、いい雰囲気になったりして。

サオリは結構、手のかかる女だ。シリコン製のお肌がいつもツヤツヤでハリを保っていられるように、ナカジマさんがせっせとお世話をする。

コメント

1番~1番を表示

    2019年05月16日 17:56
    このドールは損壊しやすいので、ペットには距離はちゃんと取っているよね

1番~1番を表示

コメントを書く

コメントを書くにはログインが必要です。

PC版で見る