ペット図鑑

Nishikigoi : Hikari Moyou
錦鯉:光り模様

写真の無い図鑑は、掲載する写真を募集しています。
よろしければメールに写真を添付し、ご送付ください。

画像を送付する

錦鯉:光り模様の特性や飼い方

全身に光と模様

DATA
【原産】

光り模様は光り無地と光り写り以外で全身に光りがあり、模様を持っている品種の総称。

紅白の光り模様は「桜黄金」、大正三色の光り模様は「大和錦」、五色の光り模様を「孔雀黄金(孔雀)」、山吹黄金とプラチナ黄金の張り分けたものを「はりわけ」、秋翠の光り模様を銀水または綿水、それらにドイツ鯉を交配させたもので「菊水」や「ドイツはりわけ」などがいる。

光り模様は錦鯉として華やかな品種なので、錦鯉ビギナーや海外で大変人気がある。光り模様は光りが土台になるので、光り写りと同様に模様をつくる品質が伴いにくい傾向にある。

やはり光り模様の良質な大型の個体は珍しく、良質な個体は大変希少価値がある。光り模様の中では「孔雀黄金(孔雀)」が最も品質が安定しているので、大型の優秀鯉も出現しやすいようだ。

「はりわけ」は「張分」と書き、山吹黄金やプラチナ(プラチナ黄金)などを交配させることで、金と銀の模様が張り分けられている品種。

他にも細かい品種では、「錦翠」や「銀翠」、「はりわけ松葉ドイツ」や「孔雀ドイツ」などがいる。

記事提供:姉妹サイトの錦鯉の森(PCのみ)

 

 

検索条件:錦鯉:光り模様

件中-件を表示

生体写真 価格 種類(カラー) 性別 生後 地域


件中-件を表示



モバイルでも!

モバイルでも!ケータイでQRコードを読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。