飼い方・まめ知識

一覧に戻る

ペットと引っ越し

物件も決まりいよいよペットと一緒に引っ越し…
そこでも気をつけたいことはたくさんあります。

ペットの引っ越し


引っ越しは人間にとっても大変な事ですが、ペットにとっても一大事です。まずは引っ越し当日を万全な健康状態で臨めるよう配慮してください。そして新居へのペットの運搬は飼い主が行うのか、専門の業者に依頼するのかをあらかじめ決めておきましょう。最近では引っ越しの業者がオプションサービスとしてペットの運搬を引き受ける場合もありますが、別途料金がかかることが一般的です。それ以外にもペットの輸送を専門に扱っている業者などもありますのでよく調べてみましょう。引っ越し準備の前にどうするか決めておいてください。

引っ越し時のペットの健康管理


輸送の際は当然ながらペットはキャリーケースやクレートの中で過ごすことになります。外の環境や乗り物などに慣れていない場合は事前に練習しておいた方がいいでしょう。さらに夏場はキャリーケースやクレートの中が高温になりますので、熱中症には十分に注意してください。環境の変化にストレスを感じやすい子やパニックになりやすい子は引っ越し当日はかかりつけの動物病院やペットホテルに預けることも考慮しましょう。かかりつけの動物病院を変える場合には、新しい動物病院に持っていくためのこれまでの診断書やカルテなどを準備してもらいましょう。
犬を飼っている場合は、狂犬病の登録変更も必要になります。保健所もしくは環境衛生課などで登録変更の手続きを行いましょう。無事引っ越しが完了し新居に移ったら、まずはペットに異常がないかすぐに確認してください。しばらくは新居に慣れず不安を感じるペットもいますので、愛用のベッドやクッションなど引っ越し以前から使っていて、自分の匂いついている物を利用し、出来るだけ安心できる居場所を作ってあげるといいでしょう。

ご近所のペット仲間


慣れない環境でペットの夜鳴きなど迷惑をかけてしまう可能性もあります。新居が集合住宅の場合は、隣近所への挨拶も忘れないようにしましょう。同じようにペットを飼育している住居者であれば、周辺環境についていろいろな情報を教えてもらえることもあります。

何かあった場合に備えて最寄りの動物病院へ健康診断を兼ねて行ってみることもお勧めします。

 

ペットの森の犬関連コンテンツ

もっと見る

一覧に戻る



モバイルでも!

モバイルでも!ケータイでQRコードを読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。