飼い方・まめ知識

一覧に戻る

ペット可物件の住宅設備

ペット可物件とペット共生住宅


ペット可物件といっても、ペットを飼っていない人向けの一般的な集合住宅タイプやペットを飼うことを前提として作られたペット共生集合住宅タイプ、比較的自由度の高い戸建てタイプなどさまざまです。

ここでは、集合住宅タイプの中でもペットとの共生に重きを置いた物件で見られるさまざまな設備や機能、サービスの一部をご紹介します。日々ペットの社会的地位が向上していることと相まって、ペット可物件の設備やサービスも日々進化しています。使い勝手のいい設備と言っても、ペットの特徴や飼い主さんのライフスタイルによって当然ながらニーズは異なります。ペットとの暮らしがより快適なものになるよう実際に自分の目でよく確認して選ぶことをお勧めします。

ペット共生住宅のほとんどが飼育頭数の多い犬をメインに作られています(一部猫との暮らしをメインにしているものもあります)。それでは実際のペット共生物件にはどのような設備やサービスがあるのでしょう?

ドッグラン


リードをつけずに自由に愛犬が走り回ることができる住居者とその愛犬だけの専用スペース。一般のドッグランよりも小ぶりな物が多いが、屋根付きや屋内タイプのものもあり雨の日のお散歩などにも重宝します。

ペットシャワー


散歩から帰ってきた時に住宅に入る前に汚れた愛犬の足を洗うことができる。室内に上がる前 に綺麗にすることができるため住居全体の汚れも防ぐことができ、飼い主さんにとっても楽。

ペット用ダストBOX


ペットシャワーと隣接していることが多い。犬の散歩時にフンは持ち帰ることが原則だが、室内に持ち込むことなく処理できため飼い主さんにとってはありがたい存在です。

リードフック


共生マンションではいたるところにリードフックが備え付けられていることが多い。飼い主さんが一時的に愛犬をつないでおくことができるため、手がふさがっている時などにはとても重宝されている。

ペットロッカー


共有スペースにあるペットとのお出かけ用品やおもちゃなどを出し入れするための入居者専用のロッカー。
 

ペット用ランドリー


ペット用品の専用洗濯機と乾燥機。

エレベーター内のペットボタン


ペット連れでエレベーターに乗った時にこのボタンを押すことで、他のエレベーター利用者に「ペット同伴」ということをお知らせすることができる。

ペットの臭い対策を意識した空調設備


建物全体がペットの臭いを防止・脱臭しやすい空調設備になっている。

ペットドア


人間のドアとは別にペットの利用するドアが備え付けられている。

その他の設備


・飛び出し防止ゲート
・ペットのトイレスペース
・コンセント穴が壁の上部にあるもしくはカバー付き
・ペットを洗いやすい広さまたは機能のバスルーム
・遮音性の高い壁
・滑りにくい床材を使用
・臭いのつきにくい壁紙を使用

一部猫のための共生住宅には、キャットウォーク(猫のために天井付近に張り巡らされた柱)などが備え付けられているものもありますが、その数はまだまだ少ないのが現状です。備え付けの機能とは別にペットコンシェルジュ、定期しつけ教室の開催、提携ペットサービスの無料または割引利用などの付加的なメニューを備えた物件もあります。

 

ペットの森の犬関連コンテンツ

もっと見る

一覧に戻る



モバイルでも!

モバイルでも!ケータイでQRコードを読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。