飼い方・まめ知識

一覧に戻る

犬種別かかりやすい病気

犬種別、かかりやすい病気


犬は、チワワからバーニーズマウンテンドッグまで、およそ同じ種類の動物とは思えないほど個性豊かな体と性格を持っています。そのため、犬種によってかかりやすい病気が異なるのも当然といえるでしょう。

ここでは、医療機関や保険会社の統計から「症例の多い病気」として発表されている病気を、日本で人気のある犬種別にまとめました。

決して、「この犬種が将来必ずこの病気にかかる」という一覧ではありません。しかし、子犬の頃から予防することで、病気の可能性を少しでも減らす一助になればと願っています。

人気犬種にみる症例の多い病気


(犬種:あいうえお順)
秋田犬…股関節形成不全
アメリカン・コッカー・スパニエル…緑内障、白内障
ウェルシュ・コーギー…椎間板ヘルニア、股関節形成不全
ゴールデン・レトリーバー…股関節形成不全、アトピー性皮膚炎
コリー…コリーアイ
シー・ズー…角膜炎、眼瞼内反症・外反症
シェットランド・シープドッグ…外耳炎、コリーアイ
シベリアン・ハスキー…股関節形成不全、白内障
柴犬…膝蓋骨脱臼
ジャック・ラッセル・テリア…膝蓋骨脱臼
ジャーマン・シェパード・ドッグ…股関節形成不全、白内障
ダックスフンド…椎間板ヘルニア
ダルメシアン…アレルギー性皮膚炎、尿路結石症
チワワ…水頭症、低血糖症
トイ・プードル…胃捻転、白内障
パグ…口蓋裂、熱中症
ビーグル…椎間板ヘルニア
ブルドッグ…口蓋裂
フレンチ・ブルドッグ…熱中症、眼瞼内反症
ボーダー・コリー…コリーアイ、股関節形成不全
ポメラニアン…膝蓋骨脱臼
ボクサー…椎間板ヘルニア、リンパ腫
マルチーズ…低血糖症
ミニュチュア・シュナウザー…尿路結石症
ミニチュア・ピンシャー…糖尿病
ヨークシャー・テリア…膝蓋骨脱臼、涙管閉塞
ラブラドール・レトリーバー…股関節形成不全

全体的な犬の病気の傾向


どの犬種にも共通して増えているのが膝蓋骨脱臼や股関節形成不全などの関節疾患、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患、リンパ腫や白血病などのガンです。

関節疾患は、室内飼いが一般的になってきた今、フローリングの上で暮らすことによって、関節への負担がかかってきたためと見られています。そういう個体が増えたことにより、ブリーディングの際に遺伝している可能性があります。

あとのアレルギーやガンは、人間と同じ生活環境の変化によるところが大きいと考えられます。

少しでも犬種ごとの病気の傾向を知っていただき、予防に役立てていただければ幸いです。

 

ペットの森の犬関連コンテンツ

もっと見る

一覧に戻る



モバイルでも!

モバイルでも!ケータイでQRコードを読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。