飼い方・まめ知識

一覧に戻る

猫ブリーダーの選び方

猫のブリーダーの選び方


猫を飼いたいと思ったとき、飼いたい猫種まで決まっていたら、ペットショップを見て回るだけでなく、猫のブリーダーを探すのもひとつの手です。

というのも、ブリーダーというのはその猫種に特化して繁殖・販売している専門家だから。また、ペットショップを経由するときの中間コストもかからないため、比較的安価に購入できるというメリットもあります。

試しにインターネットで検索してみると、ずらりと猫のブリーダーがヒットします。では、数多い猫のブリーダーの中から、どういったところを選べば良いのでしょうか。

資格の有無を確認


国の決まりとして、商売として動物を扱う場合は「動物取扱業」「動物取扱責任者」の登録が必要です。まずはこの登録を行なっているかどうかを確認しましょう。

その他、民間の資格ですが「愛玩動物飼養管理士」「ペット栄養管理士」など、知識を向上させたいブリーダーであれば、様々な資格を取得しています。

こうした資格の有無は、信頼できるブリーダーの一つの目安になりますね。


見学をさせてくれるかどうか


家族の一員となるペットですから、実際に会ってから飼いたいですよね。ペットショップで見るのと同様に、ブリーダーとコンタクトを取って、飼育環境の見学ができるかどうか聞いてみましょう。

良いブリーダーというのは、しっかりとした繁殖の知識をもち、適正な飼育をしています。そのため自社の施設を見せることも抵抗なく、見学の予約も快諾してくれるでしょう。

逆に悪いブリーダーというのは、見られたくないものを隠したいがために、見学を断ることもあります。見学を断られたら要注意、です。

情報を公開してくれるか


例えばスコティッシュホールドは、折れた耳が可愛らしいもの。しかし、折れ耳×折れ耳で繁殖させると、100%折れ耳の子猫が誕生する代わりに奇形児が生まれる確率も高まるため、折れ耳×立ち耳で繁殖させるのが鉄則です。

親猫の情報を知るためには直接、ブリーダーに聞くのが一番。見学に行った際には、気後れせずに何でも聞いておきましょう。そうした質問に丁寧に答えてくれるブリーダーは、その後のお付き合いも含めて信頼が置けますからね。

“人の相性”も重要


ブリーダーから子猫を購入したら、お付き合いはそこでおしまい、というワケではありません。

信頼関係ができたなら、お迎えした後に相談することがあるかもしれません。2匹目を同じブリーダーからお迎えするかもしれません。

猫のブリーダーを知るきっかけはインターネットかもしれませんが、やはり人と人とのつながりは大事にしたいですね。

 

ペットの森の猫関連コンテンツ

もっと見る

一覧に戻る



モバイルでも!

モバイルでも!ケータイでQRコードを読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。