飼い方・まめ知識

一覧に戻る

うさぎの歯のケア

うさぎの歯のケア


私たち人間だって、歯が不健康になれば食欲が起きないし、栄養も足りなくなってしまいますよね?うさぎも同じです。いえ、体が小さいぶん、食べられないことで起こる弊害は、人間より大きいかもしれません。

うさぎは生物学上“重歯目(じゅうしもく)”に分類されます。読んで字のごとく、前歯と奥歯が重なるようにして生えています。とはいえ、ハムスターなどのげっ歯目と同様、一生伸び続ける歯があり、ちゃんとケアしてあげないと、病気になってしまうことも。

歯が伸び過ぎる、咬み合わせが悪くなる(不正咬合)、とがって口の中を傷付けてしまう…。そんな事態にならないため、飼い主さんが普段からしてあげられることがあるんですよ。

前歯のケアにはかじり木を


野生のうさぎは木の皮などをかじっています。歯を上下左右に動かして、伸び続ける歯を磨くためだと言われています。そのため、ペットとして飼われているうさぎにも、かじるための木、つまりかじり木を与えると良いのです。

うさぎが自ら、歯に適度な力を加えることで、歯が削れていきます。また、適正なかみ合わせになると同時に、ストレス解消にもなるので一石三鳥ですね。

しかしこれは、あくまで前歯に限った話です。重歯目であるうさぎの奥歯は、かじり木では削れません。では、奥歯を磨くためにはどうすれば良いのでしょうか。先へ進みましょう。

奥歯のケアには牧草が良い!?


「牧草なんて、固くもなんともないのに…」と思いますよね?しかし、うさぎは牧草を噛むとき、奥歯ですりつぶすように噛むのです。

奥歯では、上下左右だけでなく前後にも、円を描くようにして牧草をすりつぶしていきます。こうすることで、まんべんなく力をかけて、歯を削るだけでなく、適正な歯の咬み合わせになるように調節しているのです。

 

一覧に戻る



モバイルでも!

モバイルでも!ケータイでQRコードを読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。