ペット図鑑

Nishikigoi : Taisho 3 Colors
錦鯉:大正三色

写真の無い図鑑は、掲載する写真を募集しています。
よろしければメールに写真を添付し、ご送付ください。

画像を送付する

錦鯉:大正三色の特性や飼い方

白地・紅・墨の美しいコントラスト

DATA
【原産】

錦鯉の生産者では「三色貧乏」と言われるほど、優秀な大正三色を作出することは難しいとされている。

紅白+墨ではなく、基本的に紅質や白地、体型などどれをとっても紅白の系統とは異なる。紅白から比べると紅と白の色彩はやや暗いイメージがあるものの、白地・紅・墨が綺麗に揃うと本当に美しいコントラストを描く。

大正三色で最も有名なのは松の助三色で、輝くツヤ(光沢)のあるずば抜けた質で業界を魅了してきた。松の助三色の長所は質と大きくなる(長くなる)ところ。欠点があるとすれば、質が良すぎて(重すぎて)模様になりにくいことと、体高があまりなく、幅がつきにくい点。現在は真鯉を交配させ、体高のある松の助三色も見かけるようになった。

最近で最も注目を集めているのは阪井養魚場と岡山桃太郎鯉の大正三色だろう。近年の全国錦鯉品評会でも阪井養魚場と岡山桃太郎鯉の大正三色は今まででも最高レベルの美しさで、数々の大賞を獲得している。

阪井養魚場では、田中三色や若昇竜などの系統から次世代型の大正三色で現在の品評会で大活躍をしている。松の助系統の質感とは異なり、紅・白地の鮮烈な色彩と動きのあるドカ墨、ある程度良斑紋が出現し易い質をしている。中型から大型まで幅広いサイズで活躍ができるかなりの当たり系統といえる。

岡山桃太郎鯉の大正三色は、主に松の助三色をベースとしているが、タイプが若干異なるように思われる。飼育技術では阪井養鯉場や美原錦鯉と並び、業界でもトップクラスの力を持っているので、選別段階においても通常の松の助三色の選別方法よりもある程度模様重視の感がある。社長である前田氏は松の助三色のあらゆる可能性を独自の感性と優れた飼育技術でバランスをとり、桃太郎三色として最高クラスの人気を築き上げた。

記事提供:姉妹サイトの錦鯉の森(PCのみ)

 

 

検索条件:錦鯉:大正三色

件中-件を表示

生体写真 価格 種類(カラー) 性別 生後 地域


件中-件を表示



モバイルでも!

モバイルでも!ケータイでQRコードを読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。