飼い方・まめ知識

一覧に戻る

子犬が来るまでの準備

・サークル、ケージ


大人になってからも使える大きさの物を選びましょう。犬に留守番させるとき、来客時などあると便利です。

・キャリーバッグ


外出、旅行、病院に連れて行くなどの時に使用します。

・トイレとオシッコシーツ


おしっこを吸い取るシーツとそのトレイを用意。一番最初はケージの中にトイレを設置することもありますが、子犬にトイレの場所を分かりやすくするために寝床スペースとトイレスペースは完全に分けます。子犬の時は、トイレの回数が多いので思ってる以上にトイレシーツを使います。

・食器


丈夫で衛生的な物で大人になっても使える大きさのものを選びましょう。軽いものだとひっくり返ってしまうので、ある程度重みがあって安定しているほうがが使いやすいです。

・飲水器


子犬のころは、水をこぼしたり、足を入れてひっくり返してしまうので普通の食器で水を与えるのはおすすめしません。ペットボトルを逆さにした形状で、上から吊り下げるタイプがおすすめ。先に金属の口が付いており、犬がなめると少量ずつ水が出る仕組みになっています。ミネラルウォーターは尿道結石の原因になるので、水道水を与え、常に新鮮な水に換えてあげます。

・フード


急に違うものを食べさせると、お腹をこわすことがあるので、最初のうちは、ペットショップやブリーダーから与えられていたフードと同じものを与えましょう。

・オモチャ


丈夫で、ちぎれない、洗えるものを選びましょう。飲み込んでしまうような大きさのものは避けたほうが無難です。

・ブラシ


手入れに慣れさすために子犬のころから用意しておきます。子犬の時は、毛や皮膚に負担の掛からないものを選びましょう。柔らかいブラシがおすすめです。

・爪きり


いきなり爪を切らずに、最初は爪を切るフリをしながら、大人しくしていたら誉めて、子犬の時から爪きりに慣らしておきましょう。

・シャンプー、リンス


好みの匂いで選ばずに、子犬には低刺激のシャンプーを選びましょう。尿や便が、足や体に付いた時は、部分的にシャンプーをしてあげます。 しっかりと乾かせないと、風邪をひく原因にもなるので注意しましょう。

・リード、首輪


リード・首輪は、サイズが変わって行くので成長にあわせて購入します。散歩に行けるようになるまでに、家の中で慣らしてあげるとよいでしょう。

 

ペットの森の犬関連コンテンツ

もっと見る

一覧に戻る



モバイルでも!

モバイルでも!ケータイでQRコードを読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。