飼い方・まめ知識

一覧に戻る

ペット可物件の選び方

物件の選び方


ペット可物件への入居や購入を検討する場合、物件を探す手段として、雑誌、インターネット、町の不動産会社などを利用する手段は一般の物件の場合とほとんど変わりません。その際、ペット可と表記のあるものの中から検討することはもちろんですが、現在飼っているペット(あるいはこれから迎えいれるペット)の種類や数でも入居可能かどうか確認することが大切です。

ペットとの入居が可能な物件の中には様々な条件があり、小型犬を1頭しか飼うことができないものや多頭飼い・大型犬も飼育可能なもの、猫や小動物(フェレット、ウサギなど)の飼育が可能なものなどさまざまです。現在の状況だけでなく、将来の状況も併せて判断するようにしましょう。不動産会社の中にもペット可物件情報に強い会社、そうでない会社があります。物件紹介時にもチェックポイントや周辺情報などプラスアルファの情報をもらえることもありますので、そのあたりも吟味すると良いでしょう。

ペットと一緒に入居することのできる物件の中にはその設備や機能、サポートなどさまざまなものがあります。ペット可物件を選ぶ時のポイントとしては、それらは言うまでもありません。ですので、ここではあえてそれ以外にもある重要なポイントを挙げてみましょう。

物件の周辺環境


それは周辺環境がペットと暮らしやすいかどうかという点です。万が一の時のために動物病院は近くにあるか、ペットを安全に散歩するための場所(公園など)があるかよく確認しておきましょう。できればその他にもペット用品を飼うためのお店やペットサロンペットホテルドッグランなどペットと利用できる施設が多ければより安心です。

反対に、交通量が多い、外から騒音が大きい、夜間も窓からネオンの光が入るなどペットにとっての危険やストレス要因となりえる環境はできる限り避けましょう。これらが原因となり、結果危険やストレスによって健康を害す、粗相や遠ぼえをするなど困った状況になってしまうかもしれません。その点を十分考慮し、ペットと快適に過ごすことのできる物件を探しましょう。

 

ペットの森の犬関連コンテンツ

もっと見る

一覧に戻る



モバイルでも!

モバイルでも!ケータイでQRコードを読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。